ビューティフルに暮らすNAVI

脱毛サロン利用前の自己処理

ワキでも脛でも二の腕でも、脱毛サロンで施術を受ける直前には、自宅にて自分で自己処理を行っておくことが求められます。

 

脱毛する前に毛を処理するというのもおかしなものですが、脱毛器の性能上、ムダ毛は短くして挑んだ方が都合がいいのです。
脱毛器がそのターゲットとするムダ毛が長いままだと、根元に影響するほどのダメージを与えられないばかりか、やけどのリスクも高まるので注意しなければなりません。

 

自己処理は、脱毛サロン全体において共通するルールのようなものであり、利用の契約を結ぶ時にも説明を受けることになります。
自己処理の必要性について聞いていたにも関わらず、うっかりそれをしないまま来店するようなことがあれば、処理をその場でしてもらえる代わりに料金を請求されるというのは良い方で、最悪その日の施術を受け付けてもらえなくなります。
脱毛サロンの脱毛において、自己処理はそれだけ重要なものなのです。

 

また自己処理の際に肌を傷つけてしまっても、サービスを受けられなくなる可能性があるので注意しましょう。
むやみに皮膚を荒らさないように、しっかりと剃れるT字カミソリか、ボディーシェーバーを使用して慎重に処理に臨んでください。短く残ったムダ毛が気になっても無理に毛抜きで抜くようなことはせず、整えたままの状態で放置します。
自己処理が終わったらさっそく脱毛サロンに通うわけですが、サロンは必ず通いやすいところを選ぶようにしましょう。
千葉なら船橋に多数のサロンがあります。

 

船橋脱毛の情報を読む

 

 

自分では上手く処理できないような場所に限っては、脱毛前にサロン側に行ってもらえるので心配いりません。失敗のリスクを抱えてまで無理をして処理せず、肌の状態にだけ気を付けておきましょう。